キャプチャー画像の撮り方と画像に赤枠や文章を入れる簡単な方法

記事を書いている中で、画像キャプチャを張り付けたい場合があると思います。

今回は画面のキャプチャーを取る方法を紹介します。

画像キャプチャーを撮る方法

まずは、キャプチャーの撮り方について。

撮り方は、無料ソフトをダウンロードしたり、パソコンのスクリーンショットを使う方法など様々な方法があります。

その中でも、私が一番おすすめしたいのは、Snipping Toolを使ってキャプチャーを撮る方法です。

Snipping ToolとはWindowsに搭載されている機能で、表示している画面の範囲を指定して、画像にしてくれるツールです。

起動したことがない方は、Windowsボタン+Fボタンを押して検索フォームを出し、

全ての場所に設定し、「Snipping Tool」と入力して検索を行うと出てきます。

起動すると、このようなウインドウが出てきます。

「新規作成」をクリック。

そのあと、画面を画像にしたい部分をドラックして範囲指定すると

このように、先ほどのウインドウの中に、指定した画面が画像として表示されます。

画像を保存する場合は上画像の赤枠のフロッピーのようなアイコンをクリックすると

画像を保存することが出来ます。

Snipping Toolのメリットは、WindowsOSのパソコンなら既存で入っていて新しくソフトをインストールする必要なく使えることです。

また、スクリーンショット機能だと、ウインドウ全体を撮る事しかできませんし、画像として保存するのがいちいち面倒です。

しかし、Snipping Toolなら範囲指定できるので、ウインドウ全体を撮る事も出来るし、必要な一部を撮る事も可能です。

しかも、保存ボタンがあるので保存も容易です。

そういった面から、始めやすく使い勝手がいいので、Snipping Toolで撮るのがおすすめです。

キャプチャーに赤枠や文章を挿入する方法

キャプチャー画像だけではわかりづらかったり、説明が難しい場合は、画像に赤枠や矢印などの目印を入れたり、文章を挿入したりすることによってわかりやすさがグンと上がります。

画像に赤枠などを挿入する方法は、よくペイントソフトをダウンロードして、行う方法を紹介している人が多いのですが、私はSnipping ToolExcelを使って画像を作っています。

この2つを使って作った画像がコチラです↓

このようにペイントソフトをインストールして、一から使い方を覚えなくても、ExcelとSnipping Toolを使えば、同じようなクオリティで作る事が可能です。

ExcelもSnipping Tool同様、既存でパソコンに入っていることが多いです。

(Excelは必ず入っているわけではありません。)

Excelの起動方法は、WindowsボタンとFボタンを同時に押し、検索フォームを出します。

全ての場所に変更し、「Excel」と入力すると出てきます。

Excelを開いたら、Snipping Toolの「新規作成」をクリックし、画像にしたい範囲を指定します。

Snipping Toolのウインドウに範囲指定した部分が表示されたら、その表示されている部分を右クリックし「コピー」を選択。

Excelに戻り、どこでもいいので貼り付けます。

次に、上のツールバーの「挿入」をクリック。

「図形」をクリック。

「図形」の中から「正方形/長方形」を選択して、どこでもいいので範囲を指定して挿入します。

上のツールバーから「図形の塗りつぶし」をクリックし、「塗りつぶしなし」をクリック。

「図形の枠線」をクリックし、赤色をクリック。

さらに、「太さ」「2.25pt」をクリック。(太さはお好みで変えてください)

先ほど挿入した青い図形赤枠に変わったと思います。

これが出来たら、持っていきたい場所に移動し大きさを変更します。

大きさの変更は、画像をクリックすると出てくる白い点をドラックすれば形を変えることが出来ます。

ここまで出来たら、Snipping Toolで画像部分を範囲指定します。

このまま保存ボタンで保存すれば、枠線付きの画像が完成です。

Excelで作れば、他のペイントソフトを使うよりもとっつきやすく、簡単に作る事が出来ます。

また、「挿入」タブの「テキストボックス」を使えば、文章を挿入できます。

このようにテキストを入力できるので、枠線同様、色を付けたりし画像の好きなところに配置すれば、文章が挿入された画像が出来ます。

いかがでしたでしょうか。

他にもExcelにはワードアートや、グラフの作成機能など使える機能が充実しているので、いろいろ試してみてください。

⇒次は、記事のネタに困った場合の解決方法を解説しています